たった1回、5分の申請で”ほったらかし”で収入が入る〇〇とは・・・

なんか怪しい?仮想通貨が「通貨」として認められたってホント?

ノンカテゴリ

なんか怪しい?仮想通貨が「通貨」として認められたってホント?
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

改正資金決済法が成立

まだ、
ビットコインなどの仮想通貨って怪しいと
思っている方へお答えしますね。

安心してください!!


日本は、
2016年5月25日に改正資金決済法が成立されました。

これによって、
円以外の仮想通貨を始めて「通貨」として認めたのです。


いまだに日本は「仮想通貨」について怪しいという
マイナス的なイメージを持っている人が多いと思います。

そもそも私は「仮想通貨」っていう
名前自体のイメージが悪いような気がします。

「仮に」とか、「例えば」みたいな感じがして。。

話は戻りますが、
怪しいと思っているのは日本人くらいなんですね。

それは、逆の見方をすれば、
日本の金融システムが非常に優れているからなんです。


例えば、国内の振り込みであれば、
当日または翌日には振り込まれます。

しかも数百円の手数料で。

全国のどこにでも銀行の支店がありますので、
キャッシュカードがあれば、
いつでもどこでも現金を引き出すこともできます。

これがアメリカで州を超えた振り込み場合、
振り込まれるまでに数日は掛かります。

手数料も日本とは比べものにならない位
半端なく高いです。


これが貧困層の国ならなおさらのことで、
出稼ぎ労働者は母国の家族に
手数料が高すぎて振り込みすることができません。

割が合わないんですね。

もちろん、
銀行も日本みたいに近所にはありません。

仮にあったとしても、
口座管理手数料、送金手数料、引き出し手数料が
高いために銀行口座を開設できないのです。

なので、
賃金の支払いを銀行で受け取ることもできません。

また、
保険に加入することもできないのです。

ということは、
たとえ交通事故にあっても病気に掛かっても、
自力でどうにか解決するしかないんです。

銀行サービスの不十分さが、
貧困が解消しない最大の原因なんですね。

日本の場合は、
銀行、保険などのシステムが充実していますので、
そういった心配することすら気づいていません。

この便利さが当たり前と思っていますから。

こんな国って日本くらいしかありませんね。

ですから、
日本人は仮想通貨に無頓着で、
世界の仮想通貨後進国となっているのです。


ところが貧困層の国は、
いち早く仮想通貨の便利さに気づき、
すでに上手に活用する考えをしています。

日本人は「新しいものを受け入れない」
という性質があるがゆえに、
ビットコイン(仮想通貨)は怪しいと思うんですね。

9割の人がまだ知らない150%利益の〇〇とは
1
  • たった1回、5分の申請で”ほったらかし”で収入が入る〇〇とは・・・
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。