Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

仮想通貨と勘違いする「クローバーコイン」とは?

ノンカテゴリ

仮想通貨と勘違いする「クローバーコイン」とは?
  • 9割の人がまだ知らない150%利益の〇〇とは
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

「クローバーコイン」は仮想通貨ではありません。


まず最初に、
「クローバーコイン」は仮想通貨ではありません。

一言でいいますと、
現在、仮想通貨ランキング3位の
リップルの引換券のようなもので、

48ホールディングス(株)という会社が
取引をしています。

これは、

クローバーコインに投資をすれば、
その投資額の20%を
リップルの値段で交換できるというもの。

例えば、

10,000円=クローバーコインに投資
    ↓
2,000円=リップルと交換
    ↓
6,000円=紹介コミッション
    ↓
2,000円=48ホールディングス(株)の手数料?

このような仕組みのようですね。

なので、
クローバーコイン自体に価値はありません。

もちろん、
株のような相場もありません。


ただ、人を紹介すれば、
60%のコミッションが入るという

いわば悪くいえば、
ねずみ講みたいなものですね。

実際、
リップルの価値は今現在上がっていますので、
リップルを直接買うことはいいでしょう。

※もちろん、
個人で直接買うことはできます。

(クローバーコインのセミナーでは、
 個人で買うことはできない!
 クローバーコインを介してしか買えない!
 と言ってるそうですが。)


なので、
この方法で元を取るためには、

20%×5=100%

になりますので、

リップルの価格が5倍にならなければ
元がとれないのです。

簡単にいえば、
クローバーコインというのは、

「リップルの価値が上がるので、
今のうちにクローバーコインを買っておきなさい!」

と言ったトークで、

投資者をたくさん募って
高額な紹介料(噂では紹介者は投資額の2割)を
手に入れる。

と言ったところではないでしょうか。


ちなみに、
仮想通貨ランキング3位の「リップル」
そのものの価値は今現在、上昇中です。

その背景には、

2018年から三菱東京UFJ銀行が、
「リップルの技術を使って
海外送金サービスを始める。」

と発表したことが一因と思われます。
      ↓

2017/3/31付 日本経済新聞 朝刊

送金効率化へ世界連合
三菱UFJ、米欧豪6行と来年 仮想通貨技術を活用

三菱東京UFJ銀行は2018年初から、
仮想通貨の中核技術であるブロックチェーンを活用した次世代型の国際送金サービスを始める。

米バンクオブアメリカ・メリルリンチなど米欧豪の大手6行と連携。

米ベンチャーのリップルが持つ技術を活用し、即時決済を可能とする。

高止まりしていた手数料も引き下げる見通しだ。

新技術を通じた世界連合で、銀行システムの利便性を高める。

出典 http://www.nikkei.com

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
  • 9割の人がまだ知らない150%利益の〇〇とは
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法