今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

中国のビットコイン最新情報!

ノンカテゴリ

中国のビットコイン最新情報!
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

最新!中国の仮想通貨事情


仮想通貨の世界での取引量は、
以下のランキング上位5通貨で
約97%を占めています。

1位ビットコイン
2位イーサリアム
3位リップル
4位ライトコイン
5位DASH

そして、
その約97%の中の約90%は
ビットコインが占めていて、

現在の時価総額は約100億ドル(1兆円)
といわれています。

なので現段階では、

6位以下のシェアはごく小さなもので、
仮想通貨=ビットコイン
と言ってもいいくらいですね。

では、
このビットコインの取引金額を
国別で見てみますと、

2015年8月の時点では中国が世界一で、
全取引数の80%を占めていました。

それはなぜかと言いますと、

中国ではお金を海外に送金、
または海外からの入金を
することができない規制があるからです。

でも、
ビットコインなら送金を
することができますよね。

これを知った中国人たちが、
こぞって自分の資本をビットコインに
変えたのです。

なので、
中国でのビットコインの需要が
一気に伸びたのです。

そこで中国政府は、
国内の金融機関や企業に
ビットコインの流通を禁止する条例をだしました。

中国の富裕層が、
次々とビットコインを購入されて、
資産が海外へ流失することを恐れたのです。

国内の元(お金)が、
ビットコインにより国外に出ることを
防ごうとしたのですね。

なので、

中国政府がこの条例をだした後は、
ビットコインの相場が
約50%急落したのです。

しかし、

次第に世界中ではビットコインが
認められていき法緩和が進んでいきました。

そこで中国政府も、

非公式ながら2015年10月に、
今後はビットコインの規制を緩和する
という声明を発表したのです。

中国国内でビットコインでの支払いシステムの
開発を行っているという事を認めたのですね。

そのため、
ビットコインの事情が急変して、
再びビットコインの価格が急上昇したのです。

このように、
中国国内の経済事情で、
ビットコインの価格が大きく変動してきます。

そんな中ですが、
3月に中国人民銀行(PBoC)は、

「中央銀行が発行する中国政府のための
デジタル通貨を発行しようとしている」

(ビットコインの最新情報 BTCN|ビットコインニュース より)
http://btcnews.jp/_green

ことを明らかにしています。

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録